古宇利大橋と美しい夕日に染まる海

2013.5.21|国内の観光地 沖縄

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

沖縄県の隠れた観光名所と言えばやはり「古宇利大橋」です。

 

古宇利大橋は古宇利島と屋我地島を結ぶ延長2020メートルのとても大きな橋です。

 

昨年私は家族旅行ではじめて沖縄を訪れました。

そのとき子供たちたっての希望で、古宇利大橋に行ってきました。

 

古宇利大橋へ行くには車を使わなくてはいけません。

空港のある那覇市は沖縄の南側に位置していますが、古宇利大橋は北のほうにあります。

そのため、那覇市からは非常に遠く、レンタカーを借りて行きました。

 

車でも数時間かかるため、古宇利大橋に行くまで多少憂鬱でしたが、その憂鬱な気分もすぐに吹き飛びました。

 

なぜなら古宇利大橋から見える沖縄の海の美しさに大変感動したからです。

東京の緑色によどんだ海しか見たことのない私にとって、水色に輝く沖縄の海はまるで絵に描いたような美しさでした。

 

古宇利大橋を渡ると古宇利島という小さな島に着きます。

午後いっぱいは古宇利島のビーチで泳いで子供たちと遊び、日が暮れ始めた頃に古宇利大橋を通って再び那覇市に戻りました。

そのとき古宇利大橋から見えた夕日に染まった海は、まるで燃えているように鮮やかでした。

 

古宇利大橋から見える沖縄の海は絶景で一生忘れることはできません。

 

 

沖縄県のホテル・旅館

 

 


大きな地図で見る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*