富良野のラベンダー畑は自然の芸術です

2013.1.24|北海道 国内の観光地

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

「北の国から」のドラマや映画の舞台となった富良野は、やっぱり北海道で一度は訪れてみたい代表的な観光名所です。

 

広い北海道のほぼ中心に位置していて、「へその町」とも呼ばれるこの地区は、やはりラベンダーの咲くころが最高です。

 

夏になると大地を紫に一面に染めるラベンダーは、本当に美しくて、北海道ならではの雄大さがあります。

 

富良野には多くのラベンダー園がありますが、その中でも一番有名なのが、富良野ラベンダーの先駆けと言われる「ファーム富田」です。

 

一面にラベンダーが咲きそろう「倖(さきわい)の畑」では、色のグランデーションが芸術的。
まるで1枚の絵画のようです。

 

それから団体ツアーの大型バスなどでも必ず立ち寄る「彩りの畑」は、七色の花が帯状に並んで全てが咲きそろうと、地面に虹が浮かぶような広大な景色が見られます。

 

季節は7月中旬から下旬にかけてですが、自然の美しさに圧倒される光景です。

富良野のラベンダーの王道ですね。

 

ラベンダーと合わせて知られているのがカレーです。
富良野ではなぜかカレーがグルメの定番となっています。

 

地元のじゃがいもやニンジン、玉ねぎと確かにカレーに使う食材は豊富ですよね。
地元野菜を使ったカレーは、どの店も個性的です。
オムライスとカレーがドッキングしたオムカレーもおすすめです。

大きな地図で見る
富良野エリアのホテル・旅館はこちら

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*