真夏でも寒~い「オホーツク流氷館」

2013.1.25|北海道 国内の観光地

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

広くて観光スポットの点在している北海道ですが、オホーツク海方面の網走へ行った時には、是非訪ねてほしいオホーツク流氷館です。

 

北海道を旅する人の多くが夏の時期を選んでいる事と思います。

 

この時期の北海道は本州に比べては涼しいと言われており、湿気が少なく過ごしやすいのですが、その反面日差しの強さを感じ、晴れている日の屋外は意外と暑い印象があります。
そんな暑さを感じる日に特にお勧めしたいオホーツク流氷館は冬のオホーツク海を埋め尽くす流氷が展示されているのです。

 

また、オホーツクの海に生息している珍しい魚や氷の天使と呼ばれるクリオネも展示され、いままでに見た事も無い顔の魚に驚く事と思います。

 

流氷の展示された流氷体験室では室温がマイナス15度という設定の中大きな流氷が部屋に配置され冷たい流氷をじかに触る事もできます。
たくさんの人が手に触れ流氷を体験したため、展示されている流氷は海に浮かんでいる時に比べると滑らかになっていますが、その冷たさは紛れも無く冬のオホーツクそのものなのです。

 

入室する時には濡れタオルが渡され、流氷体験室でタオルを振り回して凍り付く貴重な体験をさせてもらえます。
入り口では防寒着の貸し出しもしていますので、安心して立ち寄って下さい。

 

http://www.ryuhyokan.com/index.html


大きな地図で見る

網走エリアのホテル・旅館はこちら

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*